C2C  とは?


「Consumer to Consumer」の略です。

「Consumer」(一般消費者)

「一般消費者と、一般消費者の間の取引」を意味します。

~COERIの情報☆.。.: *・゜

C to C = C2C 


インターネットの普及で変化した「企業と消費者」との取り引きを

表現するために生まれた用語の一つであるようです。

インターネット外だと、フリーマーケットなどが C2C ですね。

他には「B2B」「B2C」などがあります。

「B」は「Business」(企業)、

「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字です。

 C2C は、インターネット時代になってから大々的に

行われるようになった商取引形態で、

ネットオークションがその代表ですね。

コミックなどの商品を集め、ダウンロード販売するネットショップも、

出品者の立場から見れば C2C に属するようです。

今は、個人レベルで、ネット上のショッピングカートサービスを

レンタルし、気軽に物品販売ができるので、

 C2C と、B2Cとの区別が難しくなりつつあるようです。

個人間の取引の場合、代金の決済がネックとなることが多かったが、

オークションを開催・運営する事業者や、

運送業者が代金決済の仲介を行うことにより、

取引の円滑化が図られるようになっています。

また、PayPalなどの個人間でのオンライン決済システムを

提供する業者も登場し、オークションやそれ以外の

 C2C 取引が、今後より発展することが期待されているようです。

これまでの法人間取引(B2B)や、

一般・個人向けビジネス(B2C)だけではない、

新しいビジネスの形として、

 C2C 最近よく耳にするようになってきました。

インターネットの普及とともに、「働き方」も多様化している現代。

「正社員であることが絶対!」とされていた時代から、

今は、会社に属さずに仕事をする人たちが増えている、

会社 ⇒ 個人の時代 ということですね!


重要 NEXT MLM インターネットの時代は 始まったばかりです!

゜・。・゜・。+☆+。・゜・。+☆+。・゜・。゜・+☆+。・゜・。・゜

もしあなたが、心から豊かでありたいと考えているなら。。。

是非、トップページからじっくりお読み下さい。

インターネットワークビジネス

インターネットワークビジネスは進化しています

本物の「権利収入システム」を作るために

口こみ、勧誘なしのインターネットワークビジネス

究極のノウハウをあなたにお伝えします。

成功を掴む

゜・。・゜・。+☆+。・゜・。+☆+。・゜・。゜・+☆+。・゜・。・゜

ネットワークビジネスを始める前に 知っておきたいこと!

以下からお申込み頂くと、無料動画セミナーとフォローメールで、
私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

一目でわかるMLM
PC初心者もMLM経験者も 無料で学べる成功ノウハウ♪
[無料]動画セミナー

゜・。・゜・。+☆+。・゜・。+☆+。・゜・。゜・+☆+。・゜・。・゜

重要個人情報を資料送付の目的以外での利用はありません。
重要しつこいご案内は一切いたしませんのでご安心下さい。

インターネットワークビジネス

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して
正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。


インターネットワークビジネス



a:957 t:1 y:1