テラヘルツ波 細胞の活性化、自然治癒力アップに期待!

テラヘルツ波は紙や木材、プラスチックや半導体などの
様々な物質を透過することができ、光波の特性も持つため医療分野などの
イメージング技術への応用が期待されています。

光と電波の間の領域にある「テラヘルツ波

2008年、ハーバード大学の技術者達は,
室温で半導体発振器(量子カスケードレーザー)でテラヘルツ波を発振したと発表した。
これまでは極低温でなければできなかった。
これにより実用化に向けて大きく前進した。

2009年9月、岩手県立大学教授の倉林徹らが、テラヘルツ波を照射し、
振動波を確認してカシミヤの純度を数分で識別する技術を開発した。

2013年3月、パイオニアとロームの研究グループは、
共鳴トンネルダイオードを使用したテラヘルツ波による透過イメージングに
世界で初めて成功した。

従来はテラヘルツの発振と検出には超伝導素子が使用されていたが、
近年ではGaNのような化合物半導体やDAST有機光学結晶による
非線形光学効果による室温での発振に成功している。

電磁波における最後の未踏領域とされ、今後市場全体で、
2014年の5470万ドルから2024年には12億ドルとなる見込み。
近年、成長する市場をあてこんで各国でベンチャー企業の参入が相次ぐ。

人体への効果

転写体から発振されるテラヘルツ波の共鳴効果で、
液体や細胞の結晶水を活性化し、冬は遠赤外線領域
テラヘルツ波で身体の芯から暖まり、
夏は汗や水分の常温蒸散を活発にし、気化熱を奪うことにより
皮膚温度を下げる効果があります。

また、体内に浸透した場合は「共鳴作用」により体を活性化させることが解ってきました。

なかでもテラヘルツ波は遠赤外線とサブミリ波の中間に広がり
両方の良い点を併せ持っているため体内の深部に届き、
その「クラスター効果」により身体活動を潜在的なレベルに近づけると言われております。

テラヘルツ波は人体の生体波動(細胞振動)領域のため
「共振作用」により身体のバランスを整えると言われております。



美容・副業MLMにご興味がある方は
是非 トップページからご覧くださいませ☆.。.: *

美容MLMはこちら

美容ライン







a:276 t:1 y:0