マザーテレサ(Mother Teresa)

マザーテレサ

本名は、

アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ
(Agnesë Gonxhe Bojaxhiu)

1910年8月26日 マケドニアの生まれ。

1910~1997 カトリックの修道女。

1950年「神の愛の宣教者会」を設立。

病人や瀕死の人々の保護・孤児救済の施設を、

カルカッタ(現コルカタ)をはじめ世界各地に設立。


「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、

「テレサ」は修道名である。

カトリック教会の福者。

コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、

後進の修道女たちによって全世界に広められているようです。

【 受賞・受章歴 】

  • 1962年:マグサイサイ賞平和・国際理解部門
  • 1971年:ヨハネ23世教皇平和賞
  • 1972年:ジョン・F・ケネディ賞
  • 1973年:テンプルトン賞
  • 1975年:アルベルト・シュバイツアー賞
  • 1979年:ノーベル平和賞
  • 1980年:バーラ・ラトナ賞
  • 1983年:優秀修道会賞
  • 1985年:大統領自由勲章
  • 1992年:ガウデイム・エト・スペス賞
  • 1996年:アメリカ合衆国名誉市民
  • 1997年:議会名誉黄金勲章

書籍

『マザー・テレサ -神さまへのおくりもの-』
マザー・テレサ著、半田基子訳、女子パウロ会、1976年

『生命あるすべてのものに』マザー・テレサ、講談社現代新書、1982年

『マザー・テレサ 愛を語る』
ジョルジュ・ゴルレ、ジャン・バルビエ編著、支倉寿子訳、日本教文社 、1982年

『ほほえみ -マザー・テレサのことば-』
女子パウロ会編、江口まひろ絵、女子パウロ会、1989年

『マザー・テレサ 愛のことば』
女子パウロ会編、いもとようこ絵、女子パウロ会、1998年

『マザー・テレサ 日々のことば』
マザー・テレサ著、いなますみかこ訳、女子パウロ会、2000年

『マザー・テレサ 愛と祈りのことば』
ホセ ルイス・ゴンザレス‐バラド編、渡辺和子訳、PHP文庫、2000年

『愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言』
マザー・テレサ、片柳弘史(写真)、ドン・ボスコ社、2001年

『マザー・テレサ書簡集』、片柳弘史編・訳、ドン・ボスコ社、2003年

『マザー・テレサ -すばらしいことを神さまのために-』
マルコム・マゲッリッジ、沢田和夫訳、女子パウロ会、1976年

『マザー・テレサとその世界』千葉茂樹、女子パウロ会、1980年

『マザー・テレサこんにちは』千葉茂樹、女子パウロ会、1980年

『マザー・テレサ あふれる愛』沖守弘、講談社文庫、1984年

『ノーベル平和賞に輝く聖女 マザーテレサ』望月正子、講談社、1988年

『こんにちわ地球家族 -マザー・テレサと国際養子-』
千葉茂樹、女子パウロ会、1991年

『マザー・テレサ 愛の軌跡』
ナヴィン・チャウラ、三代川律子訳、日本教文社 、1995年、2001年増補改訂版

『マザー・テレサへの旅 ボランティアってだれのため?』
寮美千子、学研、1997年

『わたしはマザーに出会った -20人が語るマザー・テレサのすがた-』
女子パウロ会編、女子パウロ会、2001年

『愛 -マザー・テレサ日本人へのメッセージ-』
女子パウロ会編、三保元訳、女子パウロ会、2003年

『カルカッタ日記 マザー・テレサと出会って』
片柳弘史、ドン・ボスコ社、2003年

『マザー・テレサの真実』
五十嵐薫著 《NPO法人レインボー国際協会理事長》、PHP出版、2007年

『大ヴァチカン展パンフレット』
大ヴァチカン展実行委員会、AERA臨時増刊1987年

『人を助けたい 震災ボランティア/善意ネットワーク』
朝日新聞社 1995年3月

マザーテレサ「死の場面」』
坂倉圭著、聖母の騎士社、2004年(ISBN 978-4882162539)

マザーテレサ「死の場面」』 ウエブ版

『マザー・テレサ 愛の花束』
中井俊已 PHP研究所 2007年 (ISBN 978-4569669465)

マザーテレサの子と呼ばれて』
工藤朋子著、聖母の騎士社、2010年 (ISBN 978-4882163183)

1997年9月5日、テレサは87年の生涯を終えました。

マザーテレサが亡くなったとき「神の愛の宣教者会」のメンバーは

4000人を数え、123カ国の610箇所で活動を行っていたようです。

活動内容はホスピス、HIV患者のための家、ハンセン病者のための施設

(平和の村)、炊き出し施設、児童養護施設、学校などです。


宗派を問わずにすべての貧しい人のために働いたテレサの葬儀は

インド政府によって国葬として盛大に行われました。

インドの大統領や首相以外で国葬されたのは彼女と

2011年4月に死去したサティヤ・サイ・ババのみであるようです。


彼女の死は国家的な損失であるとインドの人々は嘆き、

世界の人々も彼女の偉大な働きを思って追悼されました。

その葬儀には各宗教の代表者が参列し、

宗教の枠を超えて尊敬されたことを象徴するものとなったようです。

Wikipediaより~



もしあなたが、心から豊かでありたいと考えているなら。。。

是非、トップページからじっくりお読み下さい(^^)

成功を掴む


ふくろう先生

coffee 自宅で収入になれば助かる coffee

家にいながら、1日の1~2時間で収入になれば、いいのになぁ・・・

なんて考えたことはありませんか?

今の仕事を続けながら すきま時間 で収入になる方法があります!

もう失敗はしたくない!そんなあなたの強い味方


MLM動画

新ネットワークビジネスはインターネットだけで成功できる

秘密のノウハウがココにあります!

しつこいご案内や勧誘は一切ありませんのでご安心ください。




3年後のあなた

3年後のあなたを想像したことがありますか?

「3年後なんてまだ先のことでわからない・・・」

では、1年後、2年後のあなたを想像したことは?

2年前、3年前の自分のやっていたことが、今の自分をつくっています。

・・・ということは、今 自分のやっていることが、

2年後や3年後の自分をつくるということ。

さぁ、今からここから

1年後、2年後の準備を始めませんか。

パンフレット


インターネットワークビジネス




a:1313 t:2 y:2