相田みつを「にんげんだもの」

しあわせは300

本名:相田 光男(あいだ みつを)

生年月日:1924年5月20日

1924年5月20日 - 1991年12月17日

相田みつをさんの生い立ち

1924年、栃木県足利市に生まれた。
生家は名刹、鑁阿寺(ばんなじ)の東に位置していた。
旧制栃木県立足利中学校在学中に書や短歌、絵に親しんだが、
喫煙の濡れ衣をきせられ軍事教練の教官に嫌われたために進学を断念。
卒業後は歌人・山下陸奥に師事した。
1942年、歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、
在家しながら禅を学んだ。
1943年、書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を積んだ。
1953年、関東短期大学夜間部国文科卒

相田みつをさんの創作活動

相田は書の最高峰のひとつとされる毎日書道展に1954年から7年連続入選するなど、
技巧派の書家として出発した。

1947年の鄭道昭の臨書・「鄭文公碑臨書」で古典書道における実力を示す一方、
1950年に栃木県芸術祭書道中央展に出品した「宿命」では、伝統的な書道界に
対する複雑な思いを詩文書の形で吐露。
専門家でなければ理解しにくい書のあり方に疑問を抱き、「書」と「詩」の高次元での
融合を目指すようになり、三十歳のころ、独特の書体で、短く平易な自らの言葉を
書く作風を確立した。

1954年、最初の個展を足利市で開催。個展はその後も足利市などで毎年
開催されるようになった。

1955年ろうけつ染めを学び、書道教師ではなく、ろうけつ染めや地元商店から
デザインを請け負うなどして生計を立てていたが、
1974年、教えを受けていた紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』
で紹介され、さらに1984年、詩集『にんげんだもの』出版が契機となり、
広く知られるようになった。『にんげんだもの』はその後ミリオンセラーとなり、
つづく第2詩集の『おかげさん』(1987年)も約25万部のベストセラー、
地位を確立した。

1991年、道でころんで足を骨折し、足利市内の整形外科に入院したが、
脳内出血と診断され、それが原因となり急逝。
最期まで仕事への意欲は衰えず、「一文字を書いた大作だけを集めた展覧会を開きたい」
というのが、長男・一人との最期の会話になった。67歳没。

作品に対して妥協を許さず、「逢」というたった一文字を書くために何百枚何千枚と
紙を使用したり、印刷のわずかなズレや墨の色の微妙な違いから印刷済みの
色紙千枚がボツになったこともあったという。
挫折を乗り越えてつくりあげられた作品には自らの実生活が
重ね合わされているのが特徴である。

相田みつを

「つまづいたっていいじゃないかにんげんだもの」相田みつを

相田みつを

相田みつを

相田みつを

夢

青春




もしあなたが、心から豊かでありたいと考えているなら。。。

是非、トップページからじっくりお読み下さい(^^)

成功を掴む





3年後のあなた

3年後のあなたを想像したことがありますか?

「3年後なんてまだ先のことでわからない・・・」

では、1年後、2年後のあなたを想像したことは?

2年前、3年前の自分のやっていたことが、今の自分をつくっています。

・・・ということは、今 自分のやっていることが、

2年後や3年後の自分をつくるということ。

さぁ、今からここから

1年後、2年後の準備を始めませんか。


ふくろう先生

coffee 自宅で収入になれば助かる coffee

家にいながら、1日の1~2時間で収入になれば、いいのになぁ・・・

なんて考えたことはありませんか?

今の仕事を続けながら すきま時間 で収入になる方法があります!

もう失敗はしたくない!そんなあなたの強い味方

MLM動画

新ネットワークビジネスはインターネットだけで成功できる
秘密のノウハウがココにあります!

しつこいご案内や勧誘は一切ありませんのでご安心ください。


パンフレット


インターネットワークビジネス



a:3966 t:1 y:0