ビッグデータ

ビッグデータとは何か。
これについては、ビッグデータを「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」とし、
ビッグデータビジネスについて、「ビッグデータを用いて社会・経済の問題解決や、
業務の付加価値向上を行う、あるいは支援する事業」と目的的に定義している
例16がある。
ビッグデータは、どの程度のデータ規模かという量的側面だけでなく、どのような
データから構成されるか、あるいはそのデータがどのように利用されるかという
質的側面において、従来のシステムとは違いがあると考えられる。

まず、その量的側面については(何を「ビッグ」とするか)、
ビッグデータは、典型的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、
分析できる能力を超えたサイズのデータを指す。
この定義は、意図的に主観的な定義であり、ビッグデータとされるためにどの程度
大きいデータベースである必要があるかについて流動的な定義に立脚している。
…中略…ビッグデータは、多くの部門において、数十テラバイトから数ペタバイト
(a few dozen terabytes to multiple petabytes)の範囲に及ぶだろう。」
との見方17がある。
ただし、ビッグデータについては、後に述べるように、目的面から量的側面を
考えるべき点について、留意する必要がある。
次に、その質的側面についてみると、第一に、ビッグデータを構成するデータの
出所が多様である点を特徴として挙げることができる。
現在既に活用が進んでいるウェブサービス分野では、オンラインショッピングサイトや
ブログサイトにおいて蓄積される購入履歴やエントリー履歴、ウェブ上の配信サイトで
提供される音楽や動画等のマルチメディアデータ、ソーシャルメディアにおいて参加者が
書き込むプロフィールやコメント等のソーシャルメディアデータがあるが、
今後活用が期待される分野の例では、GPS、ICカードやRFIDにおいて検知される、
位置、乗車履歴、温度等のセンサーデータ、CRM(Customer Relationship
Management)システムにおいて管理されるダイレクトメールのデータや会員カード
データ等カスタマーデータといった様々な分野のデータが想定されており、
さらに個々のデータのみならず、各データを連携させることでさらなる付加価値の
創出も期待されるところである。

総務省から





3年後のあなた

3年後のあなたを想像してください。

  • 3年後なんてまだ先のことでわからない( ̄д ̄;)
  • 目の前のことで必死です(*´з`);

忙しい毎日だと先のことを考える余裕がありませんよね...


ですが!

2年前 3年前のあなたの行動が、今の現状をつくっています。

・・・ということは、今の自分の行動が、

3年後の「自分」をつくります!


1年2年なんて「あっ!」という間です

3年後のために今から準備を始めませんか。

半年後のあなたは 今この瞬間に決まっている

神田昌典

今から準備

在宅ネットビジネス


是非 トップページからご覧くださいませ☆.。.: *

インターネットワークビジネス






a:237 t:1 y:0