認知症

認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、
働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、
生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。

認知症高齢者の数はますます増加

65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、
2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。
認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています。
65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算です。

さらに、2015年1月厚生労働省により、2025年の認知症患者は、
現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計が発表されました。
これにMCI患者数を加えると、約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が
認知症患者とその予備軍といえることになりそうです。

また認知症専門医の間では、MCIの数はもっと多いはずだという声も多く、
MCI患者だけで1,500万人を超えるという見解を持っている医者も少なくはないようです。

主な認知症の種類

認知症にはいくつかの種類がありますが、
主なものとして、以下の4つが挙げられます。

・アルツハイマー型認知症
・脳血管型認知症
・レビー小体型認知症
・前頭側頭型認知症

このうち約60%はアルツハイマー型認知症が原因で、
約20%は脳血管型認知症によるものとされています。
一般的に認知症=アルツハイマーと認識をされる方が多いですが、
それぞれ症状や適切なケアに違いがあります。
認知症の種類をしっかりと学んで、適切な対応を行いましょう。

認知症と痴呆症の違い

認知症と痴呆症は、同じ病状を指します。
痴呆症という言葉自体に差別的なニュアンスが含まれているとして、
2004年に厚生労働省が名称の公募などを通じて「認知症」に変わりました。
それ以降、一般的な利用の際や、行政用語としては「認知症」という言葉が使われるようになりました。





自宅で収入


3年後のあなた

3年後のあなたを想像してください。

  • 3年後なんてまだ先のことでわからない( ̄д ̄;)
  • 目の前のことで必死です(*´з`);

忙しい毎日だと先のことを考える余裕がありませんよね...


ですが!

2年前 3年前のあなたの行動が、今の現状をつくっています。

・・・ということは、今の自分の行動が、

3年後の「自分」をつくります!


1年2年なんて「あっ!」という間です

3年後のために今から準備を始めませんか。

半年後のあなたは 今この瞬間に決まっている

神田昌典

今から準備

在宅ネットビジネス


是非 トップページからご覧くださいませ☆.。.: *

インターネットワークビジネス






a:436 t:1 y:0