無店舗販売企業 2013年 売上高

無店舗販売企業2013年売上高調査/

上位30社合計 前年比1113億円減/上位企業の減収が影響

無店舗販売企業の2013年売上高調査
(12年10月―13年9月の間に迎えた決算期が対象)、

売上高ベスト30をまとめた。

30社合計の売上高は3兆3149億6200万円となり、

前年比で1113億6500万円の減少となった。

上位50社の合計売上高は3兆9550億1500万円となり、

前年比1244億6300万円減だった。上位企業の減収が影響した。

ランキングに入った30社のうち通信販売・通信教育企業は24社、

訪問販売企業は6社だった。

増減率が比較可能な25社のうち増収企業は17社、

減収は7社、横ばいが1社となっている。

増収となった企業のうち2桁成長は

QVCジャパンとビックカメラの2社で、全体的に小幅な動きとなっている。

無店舗販売企業

2014.01.06 日本流通産業新聞 より


第10回無店舗販売実施企業健康食品売上高調査


画像の説明

総合ランキング上位50社のうち、

サントリーウエルネスが6年連続の1位となった。

今回集計した上位50社の合計売上高は、

前回調査を80億6500万円下回る7204億6600万円となった。

増収企業が散見される一方、横ばいや減収となる企業が多かった。

サントリーが首位

6年連続1位となったサントリーウエルネスは主力の「セサミン」を中心に

豊富なラインナップを用意している。

自社で素材探索から機能評価、品質管理を行える研究所を構え、

新たな商品開発に生かしている。

2位のディーエイチシーも売り上げを伸ばしている。

ダイエット系商品の強化を行い、タレントを起用したテレビCMなども積極的に展開した。 

ネットワークビジネスを展開する3位の三基商事

4位の日本アムウェイも堅調に推移している。

ただ、増収している企業の中にも前年より伸び率を

10ポイント以上減少させた企業もあった。

前年の増収から減収に転じる企業もあった。

2014.03.28 日本流通産業新聞より




女性のネット収入

ビジネスブーム


ネットでMLMにご興味のある方の ご案内資料はこちらです
インターネットワークビジネス



◆ 知ってほしいこと ◆

 情報その1)

インターネットを使って

ネットワークビジネスができる時代になりました!


ですが、現在 インターネット活動を認めている

ネットワークビジネスの会社は、ほとんどありません(^_^;)

インターネット

インターネットを認めている会社で

ルール(規約)に沿って活動できたら

想像以上の結果を生み出すことができます。



 情報その2)

インターネットを使ったこのビジネスは

ノウハウ&サポート体制が

整っていてこそ、成り立つビジネスです。


逆に言うと、ノウハウ&サポート体制がなくては

収入が増え続けるどころか、収入にはなりません(>_<;)!


そして、このノウハウやマニュアルに

高額な価格をつけているグループもあります。


ネットワークビジネスは個人戦ではなく団体戦です。

自分1人が頑張っても成功できるものではありません。

ダウンさん全て


ダウンさん全てが稼げるようになってこそ

成功できるビジネスです。


ダウンさんにノウハウやマニュアル、

そして充実したサポートを「完全無料」で提供することは

当たり前だと 私は思っています(*^^)




3年後のあなた

将来設計

3年後のあなたを想像してみてください。

「3年後なんてまだ先のことでわからない・・・?」


ですが

2年前 3年前のあなたの行動が、今の現状をつくっています。

・・・ということは、今の自分の行動が、

2年後 3年後の自分(現状)をつくるということです!


1年、2年なんて「あっ」という間です。

さぁ、今からここから

1年後、2年後の準備を始めませんか。

半年後のあなたは 今この瞬間に決まっている

神田昌典


ふくろう先生

coffee 自宅で収入になれば助かる coffee

「1日の1~2時間で収入になれば、いいのになぁ・・・」

なんて考えたことはありませんか?

毎日の すきま時間 で収入になる方法があります。

インターネットMLM

「もう失敗はしたくない!」そんなあなたの強い味方

ネットワークビジネスはインターネットだけで成功できる

MLMご案内資料

マークしつこいご案内や勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
マークご案内資料や動画は すべて無料でご覧いただけます。




2015年ネットワークビジネスランキング・ベスト100

今回のランキングは2013年10月~2014年9月までの

決算を対象とした速報版です。(118社の売上)

順位会社名売上高(百万円)
1日本アムウェイ96,968
2三基商事72,000
3ニュースキンジャパン40,044
4フォーデイズ38,835
5アシュラン30,000
6ノエビア25,695
7ナチュラリープラス21,180
8フォーエバーリビングプロダクツジャパン21,168
9シャルレ20,737
10ジャパンライフ19,300
11モリンダジャパン18,000
12ベルセレージュ17,510
13ニューウェイズ16,731
14エイボンプロダクツ14,684
15日本シャクリー12,474
16高陽社12,000
17モナヴィージャパン9,000
18赤塚 8,500
19日本タッパーウェア8,000
20シャンデール7,400
21イオン化粧品7,300
22サミットインターナショナル7,000
23日健総本社6,930
24セプテムプロダクツ6,600
25ライフバンテージジャパン6,412
26グラントイーワンズ6,200
27ネイチャーケアジャパン6,100
28ザ マイラ5,860
29ロイヤル化粧品5,844
30アライヴン5,500
31ハーバライフ・オブ・ジャパン5,335
32バイオクイーン5,000
33メラルーカ オブジャパン4,860
34アイビー化粧品4,708
35シナリー4,600
35ビオライズ4,600
37ニナファームジャポン4,450
38TIENS(ティエンズ)4,400
39ピュアクリスタル4,000
40マナビス化粧品3,700
41グリーンプラネット3,400
42ペレグレイス3,300
43スターライズ3,100
44三和 株式会社3,000
45エクスフューズジャパン2,900
46M3(エムスリー)2,500
46ドテラ・ジャパン2,500
47アミン2,400
49サンテクレアール2,300
50ケイエスビー2,250
51イオスコーポレーション2,100
52ベガ(VEGA)2,085
53マナテックジャパン2,000
53フォーライフリサーチジャパン2,000
53アイスター商事2,000
53シーエムシー2,000
53オードビージャポン2,000
58ローズライン1,800
59エックスワン1,750
60ハッピーファミリー1,700
61シェラバートン1,686
62プロティオス1,500
63日本ベスト1,400
64シナジーワールドワイドジャパン1,250
65エムブラン1,200
65エヌエーシー1,200
65IPSコスメティックス1,200
68国際友好交易1,100
69GNLDインターナショナル1,000
69マイフレンド1,000
69クレス薬品1,000
72ユニヴェール937
73レインボー900
73エコプライム900
75アトコントロール850
76ジャパンウィル・サーチ847
77DNA800
77ユニシティ・ジャパン800
77エムジーエム800
77ユサナ・ヘルス・サイエンス800
77ウイズ800
82ライラック743
83ジョイ727
84遊気創健美倶楽部700
84エコロインターナショナル700
86ピー・エッチ・シー698
87苔善 650
88AIM(エイム)600
89参壽恵本舗512
90サランジェ500
90NIKKEN(ニッケン)500
90パルウエーブ500
90ミューズ500
94コンフィアンス モリビア480
94アルペン総合研究所480
96セモア450
96アストーラ450
98オリヴィス OriVis420
99エルブ400
99ナチュミン・ジャパン400
99シルクィーン400
99ラヴィ400
99スリーピース400
99ライフネットコーポレーション400
105エポックモア360
105DNAジャパン360
107フューチャーエナジー330
108スターリジャパン310
109クリエイション300
110ピュアスター282
111フォーチュンインターナショナル270
112日本ビーエフ254
113ツインズ200
113ラ・スプランデュール200
115SEIKEN150
116サンライダージャパンインク126
117ミラクル120
118日本メディカルマーケティング100

(2015年 月刊ネットワークビジネス3月号より) ※売上高切り捨て表示

パンフレット

詳細はこちら


最期までお読みいただきありがとうございました。

インターネットワークビジネス


関連ページ





a:2685 t:3 y:2