無店舗販売企業 2013年 売上高

無店舗販売企業2013年売上高調査/
上位30社合計 前年比1113億円減/上位企業の減収が影響

無店舗販売企業の2013年売上高調査
(12年10月―13年9月の間に迎えた決算期が対象)、

売上高ベスト30をまとめた。

30社合計の売上高は3兆3149億6200万円となり、
前年比で1113億6500万円の減少となった。

上位50社の合計売上高は3兆9550億1500万円となり、
前年比1244億6300万円減だった。上位企業の減収が影響した。

ランキングに入った30社のうち通信販売・通信教育企業は24社、
訪問販売企業は6社だった。

増減率が比較可能な25社のうち増収企業は17社、
減収は7社、横ばいが1社となっている。

増収となった企業のうち2桁成長は
QVCジャパンとビックカメラの2社で、全体的に小幅な動きとなっている。

無店舗販売企業

2014.01.06 日本流通産業新聞 より

第10回無店舗販売実施企業健康食品売上高調査


画像の説明

総合ランキング上位50社のうち、
サントリーウエルネスが6年連続の1位となった。

今回集計した上位50社の合計売上高は、
前回調査を80億6500万円下回る7204億6600万円となった。

増収企業が散見される一方、横ばいや減収となる企業が多かった。

サントリーが首位

6年連続1位となったサントリーウエルネスは主力の「セサミン」を中心に
豊富なラインナップを用意している。

自社で素材探索から機能評価、品質管理を行える研究所を構え、
新たな商品開発に生かしている。

2位のディーエイチシーも売り上げを伸ばしている。
ダイエット系商品の強化を行い、タレントを起用したテレビCMなども積極的に展開した。 

ネットワークビジネスを展開する3位の三基商事
4位の日本アムウェイも堅調に推移している。

ただ、増収している企業の中にも前年より伸び率を
10ポイント以上減少させた企業もあった。
前年の増収から減収に転じる企業もあった。

2014.03.28 日本流通産業新聞より

NEXT⇒無店舗販売企業 2017年 売り上げ


すきま時間で収入

インターネットMLM

どれだけ働いても生活が苦しい
手取りが減ってきた...
プラスアルファの収入源がほしい
このようなあなたに朗報あります!

クリック

金融革命(フィンテック)

2018年は金融革命(フィンテック)
フィンテックの流れは急速に進んでいます

情報格差経済格差と言われるように
情報が入る量で経済が決まってしまいます。
まずは情報を取ることです!

↓↓クリック
情報

1年後、2年後、3年後のあなた

どんな人が周りにいて、どんな自分でありたいですか?

夢があっても、やりたいことがあっても、
そのために今できることを、
「何もしていない...」これでは、
3年経っても、何も変わりません。

3年後に叶えたい夢があるなら、
今日にもその準備に、
取りかからなければ、いけないはずです。

今の自分の行動が
今後の「自分」をつくります☆

1年2年なんて「あっ!」という間、
3年後のために今から準備を始めませんか。

半年後のあなたは 今この瞬間に決まる
神田昌典

今から準備

「見てみたい」がはじめどき。
自分のためのちゃっかり収入源♪
在宅ネットビジネス


ぜひ、トップページからご覧くださいませ

Thank you♡
最後までご覧いただきありがとうございました。