ICO(Initial Coin Offering)

ICO(Initial Coin Offering)は日本語に訳すと、
「新規仮想通貨公開」となります。

ICO(Initial Coin Offering)とは

企業などが「電子トークン」を発行し、売り出すことで資金を調達するための手法です。

出資に対しリターンが提供されるICOは、
IPO(Initial Public Offering)やクラウドファンディングと変わりませんが、
暗号通貨を用いている点は非常に画期的です。
つまり、ICO(Initial Coin Offering)を通じ購入した暗号通貨は、
ブロックチェーン上にて個人間で自由にやり取りしたり、
取引所で需要と供給に基づき市場価格を形成することが可能です。

従来は株式市場への上場には一定の企業規模や監査などの煩雑な手続きが必要ですが、
それらの手続きなしに取引所などを通じて資金調達できるようになります。

資金調達というよりは購入型クラウドファンディングの概念に近いともいえます。


ICOとは、Initial coin offeringの略称であり、新規公開株の仮想通貨版だともいわれています。

具体的な内容としては、上場を未だしていない仮想通貨を市場に売り出すことで資金を集めることです。

大まかな仕組みは新規公開株と同じような所が多く、飛躍的に価値があがり高リターンを得ることができる一方、リスクが伴う可能性も高いです。

ICO(Initial Coin Offering)に参加した後は、無事上場することを祈りましょう。

また、上場したとしても公募割れになる可能性がありますが、

上場すれば世界の誰もが簡単に購入できるので、その通貨に魅力があった場合は、
短期間のうちに爆発的に値上がりする可能性があります。
IPO(Initial Public Offering)に比べてICO(Initial Coin Offering)は、
公募割れだけではなく上場しない場合もあるのでハイリスクハイリターンとなりますが、
当たれば大きいのでとても魅力的な投資です。



自宅で収入


3年後のあなた

3年後のあなたを想像してください。

  • 3年後なんてまだ先のことでわからない( ̄д ̄;)
  • 目の前のことで必死です(*´з`);

忙しい毎日だと先のことを考える余裕がありませんよね...

ですが!

2年前 3年前のあなたの行動が、今の現状をつくっています。
・・・ということは、今の自分の行動が、

3年後の「自分」をつくります!
1年2年なんて「あっ!」という間です

3年後のために今から準備を始めませんか。

半年後のあなたは 今この瞬間に決まっている
神田昌典

今から準備

在宅ネットビジネス


是非 トップページからご覧くださいませ☆.。.: *

インターネットワークビジネス






a:86 t:1 y:0