ミネラル

ミネラル(mineral)とは、
糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと
並ぶ五大栄養素の1つである。

ミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)
以外の必須元素である。無機質、灰分(かいぶん)などともいう。

日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・
マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められている。
生物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。
すべての要素は適度な量を摂る事が良く、欠乏症だけでなく過剰摂取も病気の原因ともなる。
ミネラルは人の体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要がある。

ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。
必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、
食べ物からとる必要があります。
ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。
およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことが
わかっているミネラルとして、
現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、
カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)
が知られています。そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、
イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。



健康・美容・副業MLMにご興味がある方は
是非 トップページからご覧くださいませ☆.。.: *

美容MLMはこちら

美容ライン







a:402 t:1 y:0